八王子 美容室

トリートメントが¥0の理由は、いくつかあります。

まず、絶対に髪に毛にいいからです。髪の毛は「たんぱく質(ケラチン)」「油分(CMC)」「水分」「PH(ペーハー)」この4つのバランスがとれていて、初めて艶が生まれます。
「たんぱく質」は髪の毛の大部分を占める、極めて重要な成分です。それを壊してパーマ、カラーリングをします。むしろ壊さないとパーマがかからないし、カラーリングも明るくなりません。これは事実です。
「油分」は、髪の毛のキューティクルやたんぱく質の間にある「CMC」のことをさし、これはパーマなどのダメージに加え、
「シャンプー」による界面活性剤などでも流出させてしまいます。1回のシャンプーではたいしたことないですが、毎日の積み重ねは時間が過ぎるほど、大きく無視できなくなってきます。
「水分」は、「たんぱく質」がないと髪の毛に留まることができません。健康な髪の毛でおよそ12%くらいの水分量があります。しかし、ダメージが進むとひどい場合9%くらいまで落ち込みます。
「PH」は、パーマなどのダメージに加え、水で濡らすだけでも「PH」は傾きます。健康な髪の毛は弱酸性を示しますが、水道水は中性ですね。これでもう傾いてしまうんです。傾くことにより、キューティクルが膨潤して髪の毛の内部の成分が流出しやすくなります。
温泉に入るとカラーリングが抜けやすいというのはまさにこれです。温泉はそのほとんどがアルカリ性ですよね。

こういったダメージを修復して、扱いやすい髪質に補修していくのがトリートメントであり、ぜひ私たちとしては「カラーリング、パーマなどの薬剤を使用した場合。」は一緒にやっていってもらいたい技術です。しかし、提案させて頂いても金額的な問題で施術をしない選択をしなければいけない場合が存在します。しょうがないことですが、お話しを聞いてもらったうえで施術しない場合に、その髪の毛に責任を果たせてないのではないかと。

私たちは髪の毛に責任を持ちたい、という気持ちから最低限のトリートメントを¥0で施術させてもらっています。

ただ、正規の時間をかけているとサロンとして成り立たなくなってしまいます。
そこで、パーマやカラーリングの施術の前後、途中で効果的に毛髪内部に有効成分を導入して時間短縮を可能にしています。

髪の毛に必要なものだから全てのお客様に。時間短縮でそれを可能に。

薬剤はもちろん「グローバルミルボン」をメインにその髪の毛に必要なケラチンPPTやCMCなどを補給していきます。

他のサロンではなかなかない考え方ですが、創業当時からこれでずっとやってきました。
そしてこれからも、これがいいと思って、ずっとやっていきたいと思います。